AMGホーム > AMG部門紹介 > 臨床検査

AMG部門紹介 AMG各部門の業務内容などのご紹介

AMG部門紹介

臨床検査技師採用情報の詳細

臨床検査

ごあいさつ 検査部 部長 小林 竜一

検査部部長 小林 竜一AMG検査部では、臨床検査技師としての教育はもとより学会発表への学術的な支援や指導、聴講参加に対する施設からの負担も充実しておりますので、各種認定・資格取得者も年々増加しています。加えて各検査科の上位者においては、年2回スタッフへの面談を実施し、個々の目標設定・進捗状況の確認、スキルアップの支援等にも積極的にかかわるサポート体制を構築しています。
病院内における臨床検査以外の業務では、従来からの感染対策委員会、輸血療法委員会、栄養サポートチーム(NST)、採血のほか、昨今では咽頭ぬぐい液等の検体採取、自己血糖測定器の患者への説明、輸血療法に際しての説明など、検査室に留まることなく幅広いニーズに応えています。
またAMG検査部では、院内での業務とは別に8つの委員会(精度管理、超音波、適正輸血、人材育成、学術、文書管理、病理細胞検査、広報)が積極的且つ横断的に活動しており、日々進化する医療の情報共有、レベル・スキルのボトムアップ及び標準化などを行いながら医療の質の維持・向上に寄与しております。主な取り組みとして、超音波や輸血検査のハンズオン講習会、装置メンテナンス講習会、外部講師を招いての人材育成、グループサーベイおよび講評会、各検査室へラウンドに赴きSOPや各種帳票類の更新確認、検査室内の環境確認及び改善に向けてのアドバイス、開催した研修会では必ず参加者へのアンケート調査を実施・評価し、年単位でアップデートをしています。
2017年には(株)アムルおよび基幹病院である上尾中央総合病院が外部コンサルタントに頼ることなく、臨床検査室の国際基準であるISO15189認定を取得しており、現在更新にむけて進んでいます。

急速に進歩する医療を土台で支えるべく、常に学ぶ姿勢の臨床検査技師の集団が私たちAMG検査部です。

研修関連

検査研究会 AMG検査部臨床検査研究会(4回/年)
クラスター別臨床検査研究会(4ブロック 各4回/年)
検査部各種委員会 精度管理委員会(11回/年)
適正輸血委員会(6回/年)
学術委員会(5回/年)
超音波委員会(6回/年)
広報委員会(3回/年)
文書管理委員会(3回/年)
人材育成委員会(4回/年)
病理細胞検査委員会(3回/年)
検査部研修会 新入職員リフレッシュ研修会
検査部主任以上研修会
入職5年目研修会
病理細胞検査研修会
検査部精度管理調査講評会
領域別超音波実技講習会
適正輸血委員会実技講習会
機械メンテナンス講習会
クラスター別研修会

職員数(令和2年4月末現在)

検査部職員 男性   117名
女性   364名

ホームページ URL

検査部のホームページはこちらになります。