監督 アントニオ マルコス レルバッキ(ANTONIO MARCOS LERBACH)|メンバー|埼玉上尾メディックス

埼玉上尾メディックス

スタッフ

監督 /
アントニオ マルコス レルバッキ(ANTONIO MARCOS LERBACH)
生年月日 /
1958年1月4日
出身地 /
Espírito Santo (ブラジル)
経歴 /

・ブラジルのクラブ
Olympico Club(1978年~1992年)
Minas Tênis Clube(1992年~1995年)
Cocamar(1995年~1996年)
Fluminense(1996年~1997年)
Unincor(1998年~2000年)
VascoTrês Corações(2001年~2002年)
Alvarez Cabral/Ingá(2006年~2007年)
Olympico Club(2008年~2009年)

・日本のクラブ
堺ブレイザーズアドバイザーコーチ(2017年~2019年)

・ナショナルチーム(ブラジル)
ブラジル代表(アンダーカテゴリー)監督及びテクニカルコーディネーター(1982年~2009年)
ブラジルシニア男子代表団長(2009年~2012年)
ブラジルユース・ジュニア代表団長(2011年~2015年)

偉大な選手こそ問題に直面しています。今季は、埼玉上尾メディックスにとって特別な一年になります。選手には「サステナビリティ/持続・継続する」という大きな挑戦が待ち受けています。シーズンで良い結果を残すことは大切ですが、過去の栄光が未来の成功を保証するものではありません。努力と目標達成への強い意志があってこそ、成功を繰り返すことができるのです。

上に戻る