AMG看護本部
教育について(看護職研修)
  1. HOME
  2. 看護
  3. 教育について(看護職研修)

教育について(看護職研修)

教育目的

確かな技術とあたたかい心で、専門職としての自覚をもとに、AMG職員の役割を遂行できる人材を育成する。

教育目標

  1. 適切な看護・介護サービスを提供するために、幅広い知識と正確な技術を統合し、専門職としての役割や責務を果たす能力を育成する。
  2. より良い組織を作り上げていくために、役割認識を持った管理能力を育成する。
  3. 看護・介護の質を確保するために、看護・介護職を指導できる能力を育成する。
  4. 医療チームと協働・連携を図り、成果を出すための能力を育成する。
  5. 患者(利用者)・家族と信頼関係を保つためのより良い人間関係を築く能力を育成する。
  6. 論理的思考・問題解決思考に基づき、研究を考える力を育成する。

AMG看護スタッフのキャリア開発の考え方

看護本部では、AMGの理念である「愛し愛される病院」の看護・介護スタッフとして相応しい人材育成を目指している。この【AMG看護・介護スタッフのキャリア開発の考え方】では、看護・介護スタッフのキャリアを専門職群(ジェネラリスト)、管理・監督職群(マネジメント)、高度専門職群(スペシャリスト)の3つに分類し、各群における役割を明確にしている。病院・高齢者介護施設・訪問看護などで勤務している看護・介護スタッフ一人ひとりのキャリア開発に向けた指標としている。

AMG看護スタッフのキャリア開発の考え方
  • ※1 AMGでは、特定行為研修修了者は、専門職群・高度専門職群の両方に位置付ける。
  • ※2 部長とは、看護部長・介護看護部長を指す。

AMGキャリアラダーシステムの定義

ラダーとは、「はしご」、「はしご状のもの」、「手段」、「(地位の)階段」の意味があり、段階的に登ることやその手段を意味する。一方、キャリアとは「職業的な、(生涯の)職業、経歴、履歴」などの意味をもち、自己実現に向けた生涯を見通した連続性のある広い概念をもつ。

AMGキャリアラダーシステムは、実践能力を育成する「クリニカルラダー」と、管理能力を育成する「マネジメントラダー」に加えて、特殊性のある専門領域で看護実践能力を補うための「透析看護ラダー」、「内視鏡看護ラダー」、「手術看護ラダー」によって構成されている。

AMGキャリアラダーの目的

  1. 個々の看護・介護スタッフが実践能力を向上させていくために、自ら目標をもって成長・発達していく指標とする。
  2. 個々の看護・介護スタッフに適した教育的支援に活用する。
  3. 個々の看護・介護スタッフの実践能力を向上させ、看護・介護サービスの質向上を目指す。
  4. 運用に関しては、「看護クリニカルラダー(病院・高齢者介護施設・訪問看護)」、「看護マネジメントラダー」、「透析看護ラダー」、「内視鏡看護ラダー」、「手術看護ラダー」、「介護クリニカルラダー」、「介護マネジメントラダー」、「保育ラダー」別に掲載する。
AMGクリニカルラダー概念図

ラダーバッジについて

到達を目指すレベルのラダーバッジを着用する。

クリニカルラダー マネジメントラダー
看護
バッジ ホワイト
ラダーバッジ
ブルー
ラダーバッジ
グリーン
ラダーバッジ
オレンジ
ラダーバッジ
ピンク
ラダーバッジ
グレー
ラダーバッジ
レッド
ラダーバッジ
ブラック
ラダーバッジ
CNA
ラダーバッジ
ラダーバッジ

※2

ラダーバッジ

※3

ラダーバッジ

※1

  • ※1 看護クリニカルラダーレベルⅤおよび介護クリニカルラダーレベルⅤを獲得し、レベルを維持する者のバッジとする。カラーはピンク地にゴールドのリボンとする。
  • ※2 准看護師に限り、看護クリニカルラダーレベルⅡを獲得し、レベルを維持する者のバッジとする。カラーはブルー地にゴールドのリボンとする。
  • ※3 高齢者介護施設に所属する介護士(介護福祉士未取得者)に限り、介護クリニカルラダーレベルⅢを獲得し、レベルを維持する者のバッジとする。カラーはグリーン地にゴールドのリボンとする。

看護教育ネットワーク

AMG看護教育ネットワーク